勤務時間の見える化って何?!勤怠管理の有効活用方法とは!

勤怠管理は時間と業務内容の2つの管理がある

勤怠管理と言うとタイムカードに記録されている時間をチェックして、遅刻や早退、有給休暇の有無、残業時間の集計、所定労働時間のチェックと言ったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
これらのチェック業務と言うのは時間を主体としているものになるため、これに加えて業務内容におけるチェックが必要になります。
業務内容におけるチェック方法には業務日報を従業員に書かせる、それを上長が確認をして勤怠管理を行う事が重要で、時間と業務内容の2つをチェックすることで残業の必要性を確認出来るようになります。
特に残業時間と言うのはゼロになる事が理想であり、ゼロに近づけるためには何をしなければならないのかを分析することも出来るようになると言うメリットを持ちます。

<

タイムカードからパソコンへの記録

タイムレコーダーにはタイムカードを利用するタイプの他に、パソコンに情報を集めることが出来る勤怠管理システムの2つがあります。
勤怠管理システムの場合、社員証などで利用しているICカードを専用端末にかざすことでタイムカードと同じく打刻が出来るようになります。
情報がリアルタイムに蓄積されていくので、残業時間の集計作業なども自動化を図れるようになり、勤怠管理の工数削減にも繋がります。
パソコン画面上で時間管理を行うことが出来るようになるため、自分の席で勤怠情報をチェックすることも出来ますし、上長が部下の勤怠を管理する場合も、タイムカードを利用する事なく画面上で残業時間の有無、残業をどれだけやっているのかなどの把握がし易くなります。

© Copyright Easy Ads Manager. All Rights Reserved.