支店や店舗が多い会社にこそ、導入したい勤怠管理システムって?

手作業での勤怠管理の工数は膨大な時間が必要

タイムカードを利用した勤怠管理は、複数の支店がある企業の場合、それぞれが管理を行って本社圏で統括する流れになります。
仮に、本社圏で全ての管理を行うとなると、従業員全員のタイムカードが本社に送られてくる、カードに記録されている情報をチェックし、遅刻や早退の確認、残業時間の集計処理をしなければなりません。
従業員数が多い企業などの場合は、工数が膨大なものとなるため、それぞれの支店で集計等の管理を行った上で本社圏での統轄と言う流れになります。
最近はインターネットを利用した勤怠管理システムに注目が集まっており、専用サーバーやクラウドシステムを活用することで工数を削減することが出来ると言うメリットを持ちます。

打刻された情報はサーバーなどに集められます

ICカードや指紋認証を利用する勤怠管理システムは紙のタイムカードを使わないもので、残業時間の集計などの手間を省けます。
例えば、ICカードを利用した場合、カードを専用のハードウェアにタッチするだけで、カードに記録されている従業員情報とタッチした時刻がコンピューターに登録される事になり、毎日の勤怠をリアルタイムで集計処理が出来るようになります。
遠隔地にある支店なども、こうした勤怠管理システムを導入することで本社圏のサーバーや専用のクラウドサーバーに情報が集めることが出来るため一元管理が出来るようになります。
これはインターネットを利用する勤怠管理システムで、日本全国の支店からの情報を1つのサーバーなどに集めて管理を行えると言うメリットを持ちます。

© Copyright Easy Ads Manager. All Rights Reserved.